インプラント治療の大きな問題は

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。
また、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。
自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。