妊婦や妊娠を望む女性にとって

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。
他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが難しい方は、サプリを飲むことも間違いではありません。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活について調べるようになりました。サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動を始めました。結果は、意外とうまくいきました。
新陳代謝が上がったため、低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。サプリを飲むときには、葉酸以外の栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省によって勧告されています。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。
妊活中の友達と話していた時、自然とサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。
例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。
例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。妊娠期間中だけでなく、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みもありますよね。
このような場合、使ってみると良いのがサプリメントなんです。
葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。
ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。
不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。
生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。
早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、悪循環から抜け出せない人もいます。
治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。