末期がんでも最先端の治療

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

皆様がガン治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実際のところ、費用の総額は統一されておらず、腫瘍科医院によってずいぶん違っています。ガン治療はほとんど自由診療のため、費用設定は腫瘍科医院に完全に任されています。それでも、どの腫瘍科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。ガン一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。成功すれば満足感が大きいガン治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の腫瘍科治療とくらべても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。アトは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、すごく深刻化するデメリットも忘れないで下さい。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。腫瘍科医の技量、患者の体調などの条件によって、ガン治療も各種の点で、失敗が起きる可能性があります。どのような失敗が考えられるかというと、人工腫瘍根、もしくは、上部体(義腫瘍)が脱け落ちる、壊れてしまうといったガン本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や腫瘍並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためには腫瘍科医はよく考えて決めて下さい。ガンは他の腫瘍に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の腫瘍が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工腫瘍根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの腫瘍も、神経を刺激されて反応したので時間の経過一緒に落ち着くのがほとんどです。別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは間を置かず腫瘍科医の診療を受けることが治療を成功指せるために必要です。どんな問題がガン治療にあるかを聞いたことがあると思います。その一つとして、ガンを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。それは気にしないで下さい。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。ガンの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。現状では、ガン治療ができる腫瘍科医院でも、すべての人に治療している訳ではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、ガンを入れられない」であればもう少し粘ってみて下さい。最新の設備を備え、最新の技術を持った腫瘍科医がいれば以前なら、ガン治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして捜して、問いあわせてみましょう。治療を断念する方もいるくらい、ガン治療はすごくの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。完全に腫瘍がなくなってしまった部位にも使えるのがガンです。しかし、難点もあるということに気を付けて下さい。最も重要な注意点は、ガン治療は誰でも受けられる訳ではないという事実です。

末期ガン克服者のブログ